借りやすい事業者ローン

grgra
事業者が借りやすいローンの一つに、不動産担保ローンがあります。なぜ不動産担保ローンが事業者にも借りやすいのか。その理由は不動産担保ローンは個人だけでなく事業使徒にも使用することができる手軽なローンだからです。

不動産担保ローンを事業者として利用する場合

不動産担保ローンを事業者として利用する場合には、色々なプランがあります。それぞれの事業者として必要なプランを融資してもらうといいでしょう。例えばですが、二番抵当という形にすることもできますし、抵当権だけでなく共有持分だけでも可能な場合もあります。

融資の流れについて

融資の流れについてですが、申し込み後は審査を受けることになります。どこも同じ融資額ではないのです。それぞれの融資を受けるにあたって担保に入れる不動産がどれくらいの価値があるのか、それを審査することになります。審査の結果融資額が決定され、その金額に納得すれば初めて契約をして融資という流れになります。

メリットは?

資金繰りに困った、すぐにでも資金繰りしなければつなぎがないので、会社の運営が危ういなどという場合にも、便利に利用することができます。通常銀行からの融資の場合は、その会社の信用などを見て融資するかどうかも決定されますし、それだけでなく融資をどのくらいするのかという点についても見ていかれます。不動産に価値があると言うことが分かり、スムーズに審査にとおって契約がすめば、場所によってはすぐにでも融資してもらえるので、会社の運営に関わり危うかった場合でも安心です。

色々な金融機関がある

様々な金融機関で不動産担保ローンを用意しているので、どこで借り入れるのか、それが重要です。どこでも同じではないのです。それぞれの金融機関によって不動産担保ローンを借り入れるにあたる不動産の価値も違ってきますし、融資してくれる限度額、金利なども違ってくるのです。ですから、どこを利用するかによって、返済総額も変わってきますので、とても重要なこととなるでしょう。企業としてはたくさん借りることができて、なおかつ金利が安いところを選びたいと思うのが常だと思います。そういった金融機関もいろいろとありますのでまずは比較することが大事でしょう。

不動産担保ローンの注意点

不動産担保ローンをこれから申し込むに当たっての注意点についてですが、働いている人は利用することができません。事業主として利用するローンであるために事業主であることが条件です。個人向けで不動産担保ローンを利用したい場合には個人でも事業主でもどちらでも可能なローンがありますので、そちらを利用しましょう。そして申し込むことができる人の条件もそれぞれの金融機関によって違いがあるのですが、大企業や中小企業だけでなく個人事業主でも可能です。個人事業主の場合には、確定申告書のBに営業所得の記載がある人という条件がありますので注意しましょう。法人の人の場合は法人代表者となります。

来店せずに申し込めるところも増えている

rgeara
以前は事業者が資金繰りで融資を受けるといえばお金を工面するために、金融機関を回って集めたものです。しかし今は来店不要で、オンラインを利用すればスムーズに申し込むことができるサイトも多数あります。インターネットを利用して申し込んだ場合には、わざわざ出向かなくてもいいのでとても便利になります。時間がない人、資金繰りが必要で慌てているという人にとっても安心することができます。

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫

更新情報